ネタバレ部屋

映画のネタバレと者の拙い感想文です。

短編映画「バルコニー」 原題:Balcony (2015) ネタバレ

 

 

f:id:bebeden1985:20170608200057j:plain

イギリスの短編映画です。ベルリン国際映画祭で最優秀短編映画賞を受賞しています。

イギリスに越してきた中東系の女の子に熱を上げ、周りが見えなくなっちゃった白人の女の子の救われない話です。一番救われないのは、中東親子ですが。

 

テーマが重く投げっぱなしのラストになるので評価は人によってまちまちだと思います。私はこういうの大好物なんですが。

物凄く胸糞悪い話なので、夜寝る前とかは観ない方が良いです。もやもやして寝付けません。

 

以下、全編ネタバレ

 

【前半】

同性とはつるまずに男の子と草サッカーやたばこを楽しむ変わり者のティナ。

ティナは最近中東から越してきたダナという美少女が妙に気になっていた。

自宅のバルコニーに佇む姿がとても魅力的であった。

ダナは学校以外外出せずに、横暴な父親に囲われているように見えた。家にこもり、中東系の男性が出入りづるダナの家では何か犯罪めいたことが行われているように思えた。

 

ダナは学校ではイジメの標的になっており、ある日イケイケの女子グループから意地悪をされる。それを見ていたティナは、ダナの代わりに女子グループに報復をする。

それが切っ掛けでダナとティナは仲良くなっていく。

 

卒業アルバムの写真を撮る為にダナの家にお邪魔するティナ。

撮影のためにティナはダナに化粧を施し、頭に被っているヒジャブを取ってもらう。ダナはとても美しく、ティナは息を飲むのであった。

 

 

 

 


【後半】

ティナの家は、母子家庭で母の彼氏が出入りしている。ティナは、その彼氏から性的虐待を受けていた。

ある日ティナは、ダナと父親が売店で一緒にいるのを見掛ける。その妙な距離感から、ダナも性的虐待を受けているのではないかと勘ぐる。

 

ある日、ダナが男の子に酷い仕打ちを受け悲しんでいるのをバルコニーで慰めているとき、ティナは自身の性的虐待を打ち明けようとする。ダナも父親から虐待されている前提で話を進めるティナに、ダナは混乱する。ティナは共感していると勘違いしてしまい、思わずダナにキスをしてしまう。

ダナはティナの急な行動にびっくりしてしまい拒絶する。ティナはそのことにショックを受け、思わずダナを突き落として死なせてしまう。

後ずさりしながらダナの部屋を見渡すと、ダナと父の和やかな写真がたくさん飾られていた。ティナは先入観からダナが父親に虐げられていると思い込んでいたのだ。

 

ダナ殺害事件は、父親が容疑者として逮捕されることで幕を閉じる。近隣住民の思い込みからくる供述のせいだ。

 

人は想像で空白を埋める。

人は真実を求めるか?否、都合のいい話を聞きたいだけ。それが人間の性である。

で、幕引き。

 

 

感想

よかれと思ってやっていたことが実は全然的外れで、しかも俯瞰で見たら超自分勝手な行動だったっていうオチ。

不幸な人間は他人の見えない空白を″不幸″で補完するということにスポットされているが、大抵の人間は自分の境遇から出来上がった物差しでしか物事を測れないということだと思います。

想像で人を語るなかれ、という教訓ですね。

自分が見ているのはその人の一部分に過ぎないというのを、バルコニーが効果的に演出しています。

 

また、昨今の頻発するテロによって生じているイスラム圏の人種に対する偏見を痛烈に批判しているように思えます。(監督も中東系っぽいですし。)

 

残酷なラストですが、こういうことは現実社会で起こりうる話かと思います。

ていうか、普通によくありますよね。報道とか見えない部分は勝手に自分の中で補完しかないし、もっとミクロな話だと人の家庭事情とか勝手に想像して噂してる女子社員いませんか?笑 

人間てそういう生き物だから仕方ないんですけどね。わからないことは語らないのが得策なのかな。沈黙は金。なんか言葉の使い方違う気がするけど。