ネタバレ部屋

映画のネタバレと者の拙い感想文です。

ゾンビーバー zonbeavers (2014)

 

f:id:bebeden1985:20170517102514j:plain

レンタルショップでジャケットに惚れ即借り。

キャッチコピーの「時代の真逆をいくマペット感」、「モフモフ・コメディ・ホラー」という言葉にテンションは上がる!

以下、ネタバレ。

 

汚染廃棄物を運ぶトラック。携帯いじりで前方不注意。シカを轢き殺し、その弾みで汚染廃棄物が川へドロップ。

流れ着いたはビーバーのいる湖。

彼氏に浮気され傷心旅行に出る女学生+友人2人。その湖のほとりに宿泊。

なんやかんやで浮気彼氏と友人2人の彼氏が乱入。

狂暴化したビーバーに襲われる。戦う。

近所の猟師も一緒に戦う。

引っかかれたり、噛まれた奴はゾンビーバー人間になる。戦う。

生き残ったのは、まさかのサブキャラオーラむんむんの友人(雌)。

助けを求めて道を彷徨ってたら、冒頭のトラッカーが再び携帯いじりで女子ひかれて幕引き。

 

 

結論から言うと、時間を存分に無駄にした映画であった!驚愕の退屈さ!こっちをキャッチコピーにしたいくらいだ。

途中から私自身がスマホいじりで前方不注意に。。。

笑わそうとしている演出は所々あるのだけど、狙いすぎて冷めてしまう典型例でしょうか。

 

ビーバーの作りはちゃっちくてマペット感は発揮されていたが、そこまでモフモフしてないし、可愛さやギャグ感が薄い。本当に中途半端だ。

その割に、ゾンビーバー人間の特殊メイクが地味にクオリティが高い。なんだ、この温度差は。

しかも、ゾンビーバー人間第1号が、主役と思っていた傷心女!(後に壁をぶち破り浮気男のあそこを食いちぎる今作最大のハイライト)

 

この手のB級ホラーにお約束の″エロ″もパンチが実に弱い。ていうか、唯一半裸を晒していた友人①(雌)が、予想を見事に裏切り最後まで生き残る始末。

笑える箇所もほぼないし、アダルト要素もちょっとしかないし。あんなに大袈裟なパッケージにするなんて・・・ひどい。

 

今回気になったところ。

男友達の一人が若手俳優の割にメタボ。

倒れてきた木を避けられない最近の若者。

傷心女のゾンビーバー人間の演技が上手すぎる。

 

超有名ミュージシャンがカメオ出演しているらしいが、まったく気付かなかった。誰が出てたんだろうか。