ネタバレ部屋

映画のネタバレと者の拙い感想文です。

スネークフライト Snakes on a Plane(2006)

 

f:id:bebeden1985:20170517111746j:plain

アメリカでパイレーツオブカリビアンを抜いただとか、評判良いですね。

パニックホラーと思いきや、突っ込みどころ満載のコメディですね。これ。

「おいおい、そりゃねーだろ。笑」というシーン連発。

なんといってもクライマックスの無茶苦茶ぶり。必見。

 

以下ネタバレ。

 ハワイで青年ショーンは、殺人を目撃。ギャングが検事を殺害する現場。

唯一の目撃者ショーンをLAの大陪審で証言させるため、FBIサミュエル・L・ジャクソンが護衛につく。

ギャングはショーンの口を封じるために、彼が乗る予定のLA行きの飛行機に大量の毒ヘビを忍ばせる。

飛行機が遥か上空に達するや、時限式の箱が開き、ヘビたちが解き放たれる。

飛行機の中大パニック。いっぱい人死ぬ。

機長死亡、副操縦士負傷で飛行機急降下。ギリギリのところで持ち直す。自動操縦に切り替え。

乗客たち、安全なファーストクラスへ大移動。救命ボートで階段口を塞ぐ。

陸地ではFBIがヘビを調達した男を捕まえ血清をゲット。そのことが飛行機に連絡が入る。「LA着陸後すぐに血清打てる状況にあるってよ。」

副操縦士に伝えようとしたら、操縦室に蛇が侵入しててすでに死んでた。

操縦経験があるということで、ラッパーの用心棒の男が操縦することに。

乱心したサミュエル・L・ジャクソンが窓に穴を空けて機内のヘビを吹っ飛ばす。

サミュエルとラッパー用心棒で操縦開始。実は用心棒の操縦経験はゲームでの話だった。笑

それでも大した被害もなく無事着陸。めでたし、めでたしで幕引き。

 

 

人一人殺すのにここまで手の込んだことをするギャングは、エンターテナーだな。こんな回りくどいことをする意味は一体。。。

それを言ったら元も子もないか。B級パニックだし、そこはご愛敬。

 

サミュエル・L・ジャクソンの動体視力がやばい。笑

薄暗い機内で襲い来る蛇をことごとく返り討ちに。

終盤の乱心ぶりが唐突過ぎた。

「ヘビどもを1匹残らず叩き出してやるぜぇ!今からこいつ(銃)で窓をぶち壊す!」

えええ!?と思いきや、だれも何も疑問に思わずシートベルトを締め始める。並々ならぬ統率力!

 

そして、ヘビなんかよりホラーな用心棒のウソ。実はただのゲーマーでしたっていう。

「俺は2000時間以上飛んでる!(プレステ2で)」

陸上の人間もろともあの世に行かなくて良かったよ。

 

個人的には、副操縦士のセクハラがツボだった。

瀕死ながら、猥褻なセリフを吐く姿は男の鑑だな。死に目に会えなくて残念。

 

しかしながら、こんな凄惨な事件に巻き込まれながら、ラストの皆さんはしゃぎすぎ。ふ、不謹慎だろ。

 

その他の特筆。

ベテランCAが一番可愛そう。

いや、便所で股間噛まれた人が一番可愛そう。

犬は客室に持ち込めるのか。

お約束のキャラ、勢ぞろい。