読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネタバレ 部屋

主に映画のネタバレと感想を好きなように書くブログです。

アンノウン Unknown(2011) ネタバレ

 

f:id:bebeden1985:20170517111521j:plain

近年すっかりアクション俳優となってしまったリーアム・ニーソン主演映画。どんでん返しありの中規模ハリウッドアクションといった感じか。

何も考えずに気軽に観れるから、暇つぶしにはこの手の映画はありがたい。

ネイティブがリーアム・ニーソンと言うと、リーアム兄さんとしか聞こえない。

 

以下ネタバレ。

 リーアム兄さん演じる植物学者は、バイオテクノロジー学会に出席するために妻とベルリンに来た。

ホテル到着後、忘れ物に気付いたリーアム兄さんはタクシーでひとり空港に引き返す。その途中で事故る。

気づいたら病院のベッド。4日も経っている。医者から記憶障害の恐れありと聞かされる。

ホテルに戻り妻と再会するが、妻は「あなた誰?」。それどころか、自分の名を名乗り夫だという男を連れている。

リーアム兄さんは水没した携帯と一冊の本しか所持品がない。ニセ夫(仮)は身分証とか妻との写真とか持ってる。「あれ、マジで記憶障害かも・・・。」

そんな混乱の中、急に誰かから命を狙われるリーアム兄さん。看護師の紹介で、元ドイツ秘密警察の爺さんもとに助けを求めに行く。

なんやかんやで事故時のタクシードライバーの女性も協力してくれることに。

持ってた本の暗号から「ユリ」と「月桂樹」の単語を解読。

元秘密警察「何者かが君になりすまして学会に侵入し、支援者のアラビア王子を暗殺しようとしてるんじゃね?」。一同「なるほど。」

そのあと、もと元秘密警察は暗殺者と対峙して死亡。リーアム兄さんは組織に拉致されるも逃げる。その過程で記憶を取り戻す。

なんと、自分も秘密組織の人間で、凄腕暗殺者だった(笑)もちろん妻と思ってた女もスパイ。

危うい存在のリーアム兄さんを組織は消そうとしてたってこと。

記憶取り戻してからは、体得してた暗殺術全開で無双状態。

実は王子狙いじゃなくて、巨万の富をもたらす研究を発表しようとしてた学者とそのデータ狙いだったこともわかる。「ユリ」と「月桂樹」は学者のPCのパスコード。

強者と化したリーアム兄さんは、無事に爆破阻止。

タクシードライバーとラブラブでベルリンを去るのでした。幕引き。

 

感想

自分が暗殺者と知って、あんなに綺麗さっぱり新しいを道を選ぶことってできるのかな。善人過ぎやろ!まぁ、そこら辺を疑って観たらこの手の作品はつまらなくなってしまうか。

リーアム兄さんが、記憶を取り戻して戦闘術を思い出すところ、何とも言えない高揚感。そのきっかけが妻の爆死ってのがまた・・・。

感想という感想は特にないかな。単純に面白かった!突っ込みどころ満載だけど、それはご愛敬。野暮なこと言いなさんな的な。

しかし、アラ還でアクション俳優として芽が出たリーアム兄さん。人生何があるかわからんな。

 

その他の特筆

元秘密警察の渋さ。

タクシードライバーのタンクトップ姿。

暗殺者の行き当たりばったり感。

駐車場のシーンのお粗末さ。