読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネタバレ 部屋

主に映画のネタバレと感想を好きなように書くブログです。

ローグ・アサシン WAR(2007) ネタバレ

アクション サスペンス

 

最高のB級映画です!とても笑えます!

何が笑えるかって、質はB級なのに、A級映画だぞと言わんばかりのドヤ感!滑稽です!・・・言葉が過ぎました。

しかし、本当に面白いです。脚本は酷いですが、ケイン・コスギと日本の描写だけでも見る価値ありです。特にケイン・コスギには天晴れ!石橋陵のちょび髭もやばい!

 

以下、ネタバレ

サンフランシスコのとある倉庫で中国人たちがドンパチ!

FBI捜査官のジョンは、そこで伝説の殺し屋ローグを見つけ追い詰めて倒す。

ローグは死んだと思いきや、生きていて、ジョンの相棒のトムとその妻と娘を殺し、家を焼き払う。

3年後、アジア系犯罪担当になっているジョン。捜査中に再びローグが姿を現す。

血眼になって、ストーカー張りの追跡をする。

ローグは、抗争中の中国マフィアと日本ヤクザのダブルスパイをしており、2つの組織を何故か貶めようとしている。

ジョンは日本ヤクザの親分に、ローグ確保の協力をさせようとするが断られる。でも、すぐに親分はローグの裏切りに気付き、ローグを始末しようとする。

でも、超強いローグはヤクザ達を殲滅。親分とタイマン勝負。

その戦いの最中、実はローグは整形手術した死んだはずのトムということがわかる。

ローグになりすまして潜入捜査をしていた。

ローグ=トムは、親分を倒す。親分の頭を娘に郵送。

そのあと、ローグ=トムはジョンを倉庫へ呼び出して対峙。ローグのネタバレに動揺するジョン。しかも、実はジョンはトムを裏切りヤクザに売り、トムの家族は殺されたという。

まさかの善悪逆転どんでん返し。

んで、狙撃手に狙われたローグ=トムをジョンはかばい撃たれる。でも、ローグ=トムはジョンを撃ち殺す!

翌朝、ローグ=トムは新たな人生を求めて街を出るところで幕引き。

 

 

感想

内容がなさ過ぎて、ネタバレが短くなってしまった。

それにしてもデヴォン青木をここまで無駄遣いした映画はなかったろうに。もっとバリバリ戦わせろー!!あの中心に寄った独特な顔をもっと拝ませろー!

そして、なんといってこの映画の功労者は間違いなく、ケイン・コスギ!!

彼のキャリア史上、最高の扱われ方でしょう(笑)本当にこんなんでいいのか、ケイン!?

 

ラストにどんでん返しがあるのだが、意表を突かれ過ぎて気が抜けてしまいました。

ていうのも、「何か裏があるな・・・。」という空気やヒントの演出がほぼ皆無だったので、ローグの正体よりも「え?!これが狙いの映画だったの!?」ということに驚き。なんつーお粗末な演出やねん。どんでん返しってのは、「騙された―!!」てならなきゃ意味ないのに、騙してる感がないのだもの。

それに、「ローグはトムだった!」と言われても、「いや、整形でここまで似せらんねーだろ。顔違いすぎだろ。てか、トムの癖に戦闘能力高すぎだろ。」ていう突っ込みを入れざるを得ない。

 

続いて、日本の描写について。

これはもう見てください。目の当たりにしてください。

研究が足らなすぎるのか、それとも国辱狙いなのか。。。

″下手の横好き″というセンス溢れる掛け軸(笑)欲しいよ。

あまりに酷すぎてブラボーです!!

 

その他の特筆

ステイサムの片言の日本語。

石橋陵以外吹き替えで違和感ありまくり。

ジェットリーのナルシシズム溢れる演技。

でも猿の惑星ぽいジェットリー。