読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネタバレ 部屋

主に映画のネタバレと感想を好きなように書くブログです。

あの日のように抱きしめて PHOENIX(2014) ネタバレ

サスペンス ラブストーリー

 

なにこの邦題。(笑)

マイナー映画だからってテキトーすぎやしませんか?

これは1人の女性の過去との決別と再起の映画ですぞ。なんで、時を超えた純愛映画みたいなタイトルになっとんねん!つけたやつ本編観てないでしょ!エア鑑賞してるんじゃないよ!

原題のフェニックスが死んでしまっとる。不死鳥なのに死んでしまっとる。

 

以下、ネタバレ

1945年。アウシュビッツ収容所から生還したネリー。スイス経由でドイツに入国。今は、エスターという名前を名乗っていた。

保護者として友人のレネが付き添い、ベルリンに戻ったネリーは、収容所で負った顔の大けがの復元手術を受ける。医師は別の顔に整形した方が、身元もばれ難いしこれからの社会で再出発しやすくなるとアドバイス。ネリーはしぶしぶ従う。

ネリーは生き別れた非ユダヤ人との再会を夢見ていた。顔が変わったことで、再会したときに夫が自分だと分かるかどうか不安であった。

レネの助けで新たな生活を始めるネリー。レネはユダヤ迫害を心底憎んでおり、パレスチナにネリーと移住することを考えている。

ネリーは夫を探し回る。人づてに夫の出入りしている酒場の場所を聞く。

ネリーの夫探しを快く思わないレネは、危険だからヤメロと言う。

「あなたの夫は裏切りもの。あなたの拘束と引き換えに彼は釈放された。」という言葉にもネリーは耳を貸さない。

 

夫と再会することができたネリー。しかし、夫は自分の妻だと気付かなかった。

夫から、「妻一族の遺産を貰うために、妻のふりをして欲しい。」と言われます。

夫の愛を信じ、その依頼を受け入れ、″ニセ″の夫婦として生活を始める2人。

生き別れた妻だと気付かない夫は、ネリーに妻としての訓練をさせる。筆跡を似せたり

、焼け残った衣類や靴を身につけさせたり。日々ネリーはネリーになっていくのに、まったく気付かない夫。

それでも夫との幸せな時間を取り戻したいネリーは、夫の愛を確かめるためにその生活を続けていく。

 

おかしな生活に真の自分を見出そうとするネリーに、レネは怒りを露わにする。ネリーが収容されたのは夫の裏切りによるものだと説明するが、そんなレネの説得を強固に振り切り夫の計画に乗り続ける。

 

ある日、レネの家に戻ると姿がない。家政婦からレネが拳銃自殺したと聞かされる。

ネリーへの遺書と、同封されていたネリー連行前の日付で承認された離婚届を見て目を覚ますネリー。

 

夫の親戚に会う日。表情は何かを決意したものである。夫の親戚に温かく迎えられる。

夫親戚たちとの会食中、突然に「スピーク・ロウを弾いて。」と夫に頼む。夫婦の思い出の歌。

夫がピアノで伴奏をし、ネリーは掻き消えそうな細い声で歌い始める。

徐々に感情は高ぶり歌声に生気が宿る。その声に妻を感じた夫の表情がみるみる変わっていく。そして、ネリーの前腕に掘られた収容所の囚人ナンバーに気付き、伴奏の手が止まる。

歌い終えたネリーは、何も言わず部屋から出ていくのであった。


感想

キャスティングが大成功の映画だと思いました。

クズ夫でも役者の醸し出すオーラでなんだか憎めないやつに。ガチムチボディに色気漂うご尊顔。ウホっ、いい男。

クズ夫を追う主演のニーナ・ホスも、いい加減目を覚ませって思うんだけど、単純なおバカさんに見えず、憂いを秘めた美しいいで立ちに惹きつけられる。

あと、妻の保護者として付き添ってる女性役の人、妙演。醸し出す空気間がね。妻を親身に心配する保護者というよりそれを超える″愛″みたいなのが見え隠れする絶妙な雰囲気。たまらないね。レズ?なのかな...。時代的にそういった性志向をモロに出せない閉塞感みたいな空気も感じた。友人・保護者以上の愛がそこにあったからこそ、自死してしまったのだと思うし。

 

レビューサイト見ると、夫をこき下ろす意見が多いですね。

特に妻に気付かない鈍い男とか。そこから、「男って本当バカよね。」みたいな雰囲気になっている。

 

しかし、私は思うのだ!この夫は、妻に気付いていた。と。フェイクのキスなのにやたらうっとりしてたり、絶対あれ彼女の中に妻を感じているはずだって。

厳密に言うと、妻かもしれないという場面に何度なく遭遇するが、裏切った記憶から逃げるために妻を死んだことにしたかったのだ。だから、「君、妻だよね?」なんて過去の罪を掘り起こすと同じことだから聞けないんだよ。ましてや、相手が自分の計画に乗ってきているんだから、このまま夫婦ごっこで過去を濁してた方が贖罪するより楽だし。人間てのは楽な方に行ってしまうものだ。

 

この映画の設定はさて置き、世の女性たちよ。男を鈍いと馬鹿にしても良いが、まったく気付いていないわけではないと思うぞ。口に出すと面倒臭くなるから放置っていうのがほとんどだと思う。・・・。汗

 

 


 

その他の特筆

夫役の色気。

スピーク・ロウの歌詞とのリンク。

女優陣の名演。