読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネタバレ 部屋

主に映画のネタバレと感想を好きなように書くブログです。

ゾンビーワールドへようこそ SCOUTS GIDE TO THE ZOMBIE APOCALYPSE(2015) ネタバレ

コメディ ホラー

 

 

ボーイスカウトがゾンビに立ち向かうコメディホラー。

コメディ要素はもちろんグロ描写も意外としっかりしている。

途中、あまりに粗末な猫の描写があるが、あれはウケ狙いなのか技術の限界なのか・・・。

10代特有のオブラートにつつまない下劣なお笑い要素ばかりなので、恋人や家族と鑑賞することはあまりおすすめしない。私は好きな部類でした。笑

以下、全編ネタバレ

ベン:主役。普通の男子学生。

カーター:煩悩溢れるお調子者。

オギー:デブキャラ。ボーイスカウト精神溢れる。

ケンドル:カーターの姉。かわいい。ベンが好意を寄せてる。

デニース:ストリップバーのウエイトレス。きれい。

 

ベンとカーターは、オギ―に付き合う形でボーイスカウトに加入したが、隊員も増えず潮時だと思い除隊を考えていた。

山道を運転中、鹿を轢き殺すベンとカーター。車を停めていると、カーターの姉ケンドルに偶然会い、ケンドルの彼氏と友達にシークレットパーティーに招待される。いつの間にか鹿の死体はどこかへ消えていた。

スカウトのキャンプがあるためオギ―を裏切れないとパーティーの参加を渋るベン。カーターは夜中に抜け出せばバレないと半ば無理矢理に同意させる。

一方、スカウトのキャンプに向かう隊長の教師。山中でゾンビに襲われてしまう。

 

買い物中、高校を中退しストリッパーになったというデニースを見掛ける。ベンの目の前でデニースのバッグが壊れる。ベンはそれをスカウトの知恵で直し気に入られる。

 

キャンプ地で集合するベン、カーター、オギ―の3人。隊長が来ないことを不審に思うが野営の準備をする。

夜中寝静まったあと、カーターはベンを起こしパーティーへ向かう。だが、オギ―にバレてしまい仲違いする。オギ―に脱退することを告げ、街に向かう2人。

街に着くが、住人は1人もおらず静まり返っていた。デニースが勤めているストリップバーに用心棒がいないことを良いことに、バーへ入る2人。ストリッパーと用心棒のゾンビに突然襲われるが、デニースに助けられる。
外へ逃げ出す3人だが、大量のゾンビに追いかけられ、保安官事務所へ逃げ込む。行く手を塞がれ、檻の中に逃げ込むが、ゾンビに囲まれ出れなくなってしまった。

他方オギーは隊長の家に来ていた。ゾンビ化した隊長と遭遇し戦闘?するオギ―。なんとか隊長を椅子に縛り付けて逃げる。
ベンの車を見つけ、保安官事務所に助けに来たオギ―。檻をキーピックで開け4人で逃げる。

道中ゾンビに遭遇し、たまたま居合わせた軍人に助けられ、基地に連れられる。だが、その軍人もゾンビに噛まれておりなってしまった。しかも、基地にはもう誰もいない。全員退避していたのだ。デニースはなんとか軍人ゾンビを倒す。
軍の無線から街を爆破しゾンビをせん滅するという計画を耳にする。

パーティーの参加者が避難していないと察したベンたちは、会場へ向かうことに。しかし、ケンドルの彼氏は嘘の場所を教えていたためそこには何もなかった。

 

ケンドルの日記を読めば手がかりが有るかも知れないと考えた一行はカーターの家へ。

ゾンビの大群に襲われつつも日記を手に入れ逃げのびる。

助けを呼びに行くというデニースと別れ、スカウト3人はホームセンターで武器を調達しパーティー会場へ。


ゾンビに襲われパニックの渦のパーティー会場へ駆けつけた3人。各々武器でゾンビを倒していく。ケンドルを助け出し先に逃がすベン。3人はゾンビを建物内に閉じ込めようとするが、自分たちの出口を失い追い詰められてしまう。
オギ―のお手製爆弾で自爆しようとするが、寸前のところでデニースが脱出ダクトを示し、そこから逃げ出す。閉じ込められたゾンビたちはお手製爆弾で吹き飛んでいった。

 

脱出した4人のもとに軍の救助が現れる。

避難場所でケンドルと再会するベン。お約束のキスで幕引き。

 


感想

エロイ下劣なギャグが多く、観る人を選ぶ作品でしょうか。そもそもゾンビ系のグロ物の時点で観る人を選ぶか。

もっとも衝撃(笑撃)だったのは、ベンが老人ゾンビの局部を掴み2階からぶら下がるシーン。私はゲラゲラ笑っていたが、良識ある大人ならドン引きかもしれない。

 

男気あふれるデニースがショットガンで応戦する姿は、勇ましくもありセクシーでもあった。ケンドルよりもデニース推しの男性の方が多いのではなかろうか。

 

スカウトの知恵でピンチを切り抜けていくという展開をもっと前面に押し出したら設定がもっと光ると思った。スカウト=ダサい男子が世界を救うというありきたりな構図になってしまった気がする。

 

 

 


 

その他の特筆

ドリー・パートン合唱。

ブリトニー・スピアーズ合唱。

粗末な猫ゾンビ。

感じの悪いケンドルの彼氏はシュワちゃんの息子。

入れ歯の婆さんゾンビ、若者の尻を吸う。