ネタバレ部屋

映画のネタバレと者の拙い感想文です。

ブレアウィッチ Blair Witch(2016) ネタバレ

 

 

f:id:bebeden1985:20170517103028j:plain

いまや使い古された撮影方法POV(登場人物のハンディカムが視点のやつ)。

1999年、ブレアウィッチプロジェクトが公開された当時はそりゃもう画期的で目から鱗でした。

撮影方法もさることながら映画の内容も、それまでのホラー映画にはなかった「わけがわからない」という怖さの演出が功を奏してました。

背筋が凍るというより、何が起こっているかわからない未知の恐怖に消化不良を起こす後味の悪さが1作目の醍醐味です。

さて、そんな1作目で行方不明になった女学生の弟君が姉を探しにまたハンディカム片手に森へ入っていくのが今作。使い古されたPOVで初作越えなるか????

 

以下、全編ネタバレ

 

【前半】

10年以上前にブレアの森の魔女のドキュメンタリーを撮影しに行ったヘザ―とその友人2人。森に入っていったきり行方不明。後に森での出来事を撮影したテープだけ見つかる。←一作目のやつ。

 

YOUTUBEでブレアの森の最近の動画が上げられており、そこに一瞬映る女の影。それを姉だという一作目で行方をくらましたヘザ―の実弟くんジェームズ。

フェイクだろうという友人だが、一緒に森へ捜索しに行くことになる。旅行気分♪

ジェームズ、彼女、黒人♂、黒人♀のパーティ。

動画をアップしたオカルトおたく君とおたくちゃんにまずは突撃。おたく君は、動画は森で拾ったものだと言い、拾った場所を教えるから僕たちも連れて行けという。しぶしぶ2人の同行を許す。

 

森に入りハイキング。おたく君が森の怖い伝説を話すも、いまいち舐めてかかるジェームズ一行。先へ進むと橋のない川が見えてきた。

川を渡る際に足の裏を負傷をする黒人♀。足をパックリ切る。応急処置して先へ進む。

 

進んだ先にあった少し開けた場所で野営をすることに。

夜寝ていると轟音で目を覚ます一行。外に出るとおたくちゃんが佇んでいる。私のおたく君がいないの!!おたく君を探しに行くとあっさり見つかる。ひと段落で就寝。

 

朝目が覚めると昼を過ぎていた。みんな寝すぎ(笑)・・・おかしい。。。

しかも辺りに、人型の木細工が吊るされている。

なんか気味悪いし黒人♀ケガしてるし、帰ることに。帰る途中おたく君のリュックに木細工と同じ紐を発見。おたくカップルのイタズラだった!!激おこの黒人♂。おたくカップルを追い払う。

 

歩けども歩けども森を出ない。それどころか、昨夜野営した場所に戻ってきてしまった。戸惑う一行。ドローンであたりを確認するも道路が見えない。しかも急に故障してどっかに墜落。

日も暮れてきたし、疲労困憊なので仕方なしに今夜もそこで野営。

 

夜が訪れる。たき火を点けるために薪を拾いに行く黒人♂。

黒人♀はケガが炎症を起こし高熱を出していた。足を診ると傷の下で何かが蠢いている!はやく病院に行かないと!

すると昨夜と同じような轟音が鳴り響く。無線で黒人♂と連絡を取るが応答なし。

一方黒人♂。森の中で何者かに追われた末、倒木の下敷きになる。忍び寄る何か・・・。

ジェームズが黒人♂を探しに行くが、そこには懐中電灯が落ちているだけだった。

ひょっこり現れるおたくカップル。見た目なんかズタボロ。あれから5日経ったとか言っている。おたく君は何かに怯えて逃げ出す。おたくちゃん残る。仕方なく朝を待つことにしたジェームズ、彼女、黒人♀。

 

【後半】

朝7時。外はまだ真っ暗。!?

外に出ると人型の木細工がいっぱい。巨大なやつも。黒人♀、ブチ切れておたくちゃんに食ってかかる。おたくちゃんは、今回は私ではないと弁明。

黒人♀、おたくちゃんの髪の毛が絡まった木細工を怒りに任せ勢いよくへし折る。その瞬間、おたくちゃんもへし折れる!そして鳴り響く轟音と吹き飛ぶテント。

ジェームズ、彼女、黒人♀は散り散りにパニックで逃亡。

 

ジェームズと彼女は何とか合流。黒人♀を探す。

一方、黒人♀、足の中で蠢く何かを自ら摘出。痛みに耐えて歩いて行くとドローンを発見。ドローンを駆使して合流しようと、木の上に引っかかっているドローンを取りに行く。その彼女に忍び寄る・・・。

 

いつの間にか豪雨になっている。ジェームズと彼女が歩みを進めると廃屋を発見。ヘザ―が駆け込んだ家だ!しかも誰かの声が聞こえる。ジェームズは彼女の静止を振り切って家の中へ。

残された彼女は背後の森に動くおぞましい人影を見る。パニックになった彼女は家の中へ。そこでぼろ雑巾のように汚れたおたく君と遭遇。気が狂ってしまったおたく君に襲われるもナイフでやっつける。

 

そして、先ほどのおぞましい人影が彼女を追いかけてくる。階上へあがるとジェームズ再会。化け物が追いかけてくると言い、2人はさらに奥へ逃げ、屋根裏部屋へ。行き止まりだ。

ジェームズ「目を合わせなければ大丈夫。部屋の隅に立って背を向けて目を瞑るのが生贄を逃れる唯一の方法!」

それを信じて彼女も部屋の隅へ。

背後で蠢く化け物。しばらくするとジェームズが何かぶつぶつ独り言を。・・・誰かと会話している?ジェームズは振り向いてしまう。その瞬間、轟音と共に彼は消えてしまった。彼女はハンディカムで背後を写しながら振り向かないように家を脱出しようとする。

 

「すまない。」

 

ジェームズの声がした。そして、振り返ってしまう彼女。

轟音と共に床に落ちるハンディカム。で、幕引き。

 

 


感想

定点カメラ、ドローンなどのガジェットが登場するがいまいちうまく活用できていない気がした。足に巣くうニョロニョロもなんだかよくわからないし。

ハンディカムでの手振れドタバタ急なパンは一作目同様乗り物酔いを起こしそう(笑)これがPOVの醍醐味でもあるのだけど。

 

しかし、仲間の皆さん急に声かけるのやめましょうよ。もっと手前で声かけてね、びっくりするから。一作目のジワジワ恐怖はうまく踏襲されずに、おどかす系の怖さが多くて少し残念だった。

 

朝が来なかったり、時空が乱れたりする描写はSF感を匂わせずキレイに作品に馴染んでいたと思います。でもこの設定でリアリティはやや損なわれてしまったかな・・・。

 

あと一番いただけないのは、魔女(?)を映してしまったこと。映したらダメよ~。

視覚的な恐怖を使わないことが約束でしょ~。しかも、なんかどっかで見たことあるフォルムなんだよな、魔女。あ、RECシリーズの・・・

 

 

 

 


 

その他の特筆

夜の森の雰囲気が怖い。

急に音が大きくなってビビる。

人型の木細工でかすぎ。

おたく男子うざさが小気味よい。

YOUTUBEに上げられた動画の正体。